クローゼットの整理

クローゼットの整理


クローゼットは収納棚を利用することが多いですが、今回は収納棚を利用しないクローゼットの収納です。

 

以前は href=”http://akiko.jp/diary/1597.html” target=”_blank”> 収納棚を利用したクローゼット収納 を紹介しましたが、今回はハンガーパイプを利用したバージョンです。

 

 

クローゼットを二段で使用

 

いつもなら春夏服と秋冬服で収納ケースを交換する収納方法が一般的ですが、収納する服によっては一般的な収納方法には

あてはまらない場合もありますね。

 

たとえば、シワになりやすいシャツ類が多い場合はハンガーにかける収納を重視したいですね。

 

ただ、クローゼットの作りつけのハンガーパイプは1本しかないことがほとんどです。

そんなときは、ホームセンターでポールを買ってきて追加してハンガーパイプを上下の二段にしてしまいます。

 

下の写真はハンガーパイプを追加した部分です。

 

 

 

<ハンガーパイプを購入する際の注意点>

・荷重を確認する

→ 耐えられる重さを確認し、できるだけ余裕を持った商品にする

 

・サイズを確認する

→ つっぱり棒なので最大がクローゼットの横幅ではNG、きちんとつっぱれる距離を考えて選ぶ

 

・1本で十分

→ 欲張って前後に設置しようと思わないこと。奥の衣類がとりづらくなるだけ

 

<ポイント>

・上下のハンガーは色や種類を統一させること

→ ハンガーの色や形に統一感がないとクローゼットの中もゴチャゴチャして見えます。見た目すっきりさせるポイントです。

 

・ハンガーにかける洋服は色をまとめる

→ まずは種類別に場所を分けますが、加えて洋服の色でも場所をまとめておくと。こちらも見た目すっきるさせるポイントになります。

 

小さな点を考慮するだけでもクローゼットはきれいに見えます。

洋服のかけすぎは要注意です!

 

余ったスペースも有効利用

 

ハンガーを2列にしたのは良いけれど、服をかけずに余ったスペースや一番下の隙間が気になったりしますね。

 

そんなときは、つっぱりシリーズの棚タイプを使用します。

下の写真の網の部分ですね。

 

パイプタイプのモノが多いですが、今回は編み網み版です。特に理由は、、、ありません。

 

 

下の段にはシワになっても良いズボン(パンツ)類をくるくる巻いて収納ケースに入れています。

 

取り付けた、つっぱり棚には、ハンガーにかけなかった分の衣類です。

Tシャツ類ですね。

 

いつもどおり、Tシャツをたたんで「輪」になった方を揃えて、収納ケースに入れるだけです。

 

 

こちらで、完成!

所用時間は15分程度であっという間ですね。

 

着る服は毎年常に一緒ではないので、持っている服の種類も変わってきますので、それに合わせた収納を手軽に

考えて服選びがより楽しく、効率的にできれば嬉しいですね♪

 

なにより、服が喜ぶ収納が一番です!

そして大事に着たいですね。

 

 

※以前の記事はこちらです。私の衣替え 「前編」