大阪最古の洋風建築物である泉布観の一般公開

大阪最古の洋風建築物である泉布観の一般公開


先日、修復を終えた泉布観の三日間の一般公開があり、見事抽選にあたり拝見してきました。

上の写真は泉布観の2階バルコニーの写真です。

大きな石の柱に、ピンクの手すり、扉は鮮やかな緑でとても雰囲気がありました。

 

 

 

泉布観は1871年(明治4年)に造幣寮(現在の造幣局)の応接所として建設された建物です。

イギリスの古典的なコロニアル式をとり入れた2階建の本格的洋風建築としては、わが国最初のものである。

名称の泉布とは貨幣の意で、観は館であり史記の一 節からとったものである。

設計監督は英人ウォートルスで、一部レンガ材を除いて石材は日本産を用い、日本人の手で完成した。

1956年(昭和31年)には国の重要文化財に指定されました。

 

床が印象的な部屋、当時床のタイルは高級だった為、この床は木造。

木の板にこのようなデザインを塗装で施したもの。

通常のタイルと風合いはかなり異なるが、温かい感じが伝わってきて

素敵でした。

 

 

 

 

一見、普通のアンティークなライトかと思いきや、所々に人の顔がついている。

とても異様な雰囲気のライト。

これも当時のそのままだそうです。ただ、これは夜はかなり怖そうです。

どうして、このようなデザインを選んだのか、当時の方にお聞きしたいです。

とても気になりますね。

 

 

 

 

バルコニーからの眺めは、河が眺められて最高に気持ち良いです。

当時は大阪城までキレイに見えたのだろうなぁと想像できます。

さすがに古い建物なのか??「バルコニーには長時間出ないでください」

という注意書きがありました。

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 
敷地内に隣接する旧桜宮公会堂(旧造幣寮鋳造所正面玄関、旧ユースアートギャラリー)では民間活力を利用し、

2013年4月15日よりパーティーレストラン「旧桜宮公会堂」として一般に公開され、結婚式場として活用されている。

 

偶然にも挙式をあげている方がいて、とても素敵でした。

古い建物をそのまま放置せずに、公開してかつ利用できるのは本当に理想的ですね。

良い建築物だからこそ多くの方に知ってもらい、たくさん残せると良いですね。

 

泉布観

 http://www.osaka-info.jp/jp/search/detail/event_5992.html