モノが生きる場所を選ぶ

モノが生きる場所を選ぶ


IMG_4921.JPG

何気無く本は1度読んでおしまい、という本。

何度か読み返したくなる、という本。
がありますね。

整理収納的には1度で読み終えた本は、本に感謝の気持ちを思って手放すのが良いと思います。

でも、残したいと思えた本も遠い本棚や段ボール、目につかない場所に送られてしまうと、

前者の本とあまり変わらない結果になります。

 

やはり、読み返したいと思える本は目に付く場所に保管してあげるほうが、

本も生きますね。

 

しまい込んでしまうと、結局表に出ないので忘れられてしまいますね。

本は手軽に手に入れられてしまうからこそどんな本を持っているか把握するのが難しいですので、

モノの生きる場所を見つけましょ。