キッチン吊戸棚の収納

キッチン吊戸棚の収納


キッチンカップボード

キッチンの吊戸棚の収納は、奥行きも多少あり、高さが一番ネックですね。

上記写真は整理収納『後』の写真です。

 

beforeはこのような感じでした。

キッチンカップボード

よく見る光景だと思います。いわゆる「隙間収納」です。

 

隙間に対して、突っ込んで、表裏をひっくり返してスペースを確保し、積み重ねていってしまいますね。

こうなってしまうと、積み重ねた下の物、奥に入ってしまった物が何かわからなくなります。

怖いところは他にもたくさんありますね。

【NG ポイント】

・隙間収納
・お皿の重ねすぎ
・グルーピングがでkていない
・雪崩が起きてきそう
・不安定な収納グッズの使い方

 

改善するには、前回の記事にも書きましたが、「全部出して、分類」です。

吊戸棚の場合は、日常的に使用できる範囲が限られています。

下の段から20cm程度ですね。

その部分を有効的に使用することがポイントです。

 

【改善ポイント①】

・日常使いは下20cmぐらい

・上はすべて、非日常

・グルーピングを行う

・取り出しやすい収納に変更、「透明」

 

キッチンカップボード

 

上記写真のように、グループ分けをして、透明のケースに入れます。

ケースに入れてしまえば、グルーピングも楽で小物も無くなりません。 必要なときは、このケースごと下せば、すぐに必要な物もみつかります。

完成形は下の写真です。(記事トップと同じ写真です)

キッチンカップボード

【改善ポイント②】

・透明収納ケースで中身がわかる

・グルーピングを正確に行う

・下の段だけ日常使いのお皿やコップのみ

 

この収納は一部です、ほかにも引き出しなどもあります。そこを使用して、日常をしやすく、整理収納できる配置と工夫が必要です。

 

「戻しやすい」これが基本です。

「面倒だな」と思ったら、すぐに配置変えを考えましょう。

 

 

+ There are no comments

Add yours