片付けは違和感から

片付けは違和感から


なんだか気になるこの風景。

ひとつだけ定位置でないものがあります。

 

 

「洗濯バサミ」です。

いつもの風景でも、何気なく置いてあるもの。

その中に、その場所では使うはずもないものが紛れている場合は、きちんと元に戻す必要がありますね。

 

片付けはそんなところから始まります。

 

片付けは面倒ではなく、単純に元に戻す作業です。

洗濯バサミも同じグループといっしょにいたほうが落ち着くでしょう。

 

家の中にあるそんな「違和感」を少しずつ、紐をほどいていくと、気づいたら心地いい空間ができているはず。